まえきんブログ

*日常・趣味・体験談・スキルアップ(Excel VBA ×ビジネス統計スペシャリスト)についての雑記ブログ*

【Excel VBA学習 #94】オートフィルターの適用範囲を調べる

まえきんです!

今回はオートフィルターの適用範囲を調べる

方法について学習しましたのでご紹介します。

f:id:maekinblog:20210511212450p:plain

今回はオートフィルターの適用範囲を調べるマクロを考えます。

AutoFilter.Range.Addressで調べることができます。

簡易的にマクロの実行ボタンを作成して、上記のコードを

実行すると下記のように結果が得られます。

【実行前】※予めオートフィルターが設定された状態にしています

f:id:maekinblog:20210511212658p:plain

【実行後】

f:id:maekinblog:20210511212713p:plain

実行前のキャプチャでは、A1~B10セルまでオートフィルターが

適用されており、メッセージボックスに表示されたアドレスも

同じ内容が取得されていることが確認出来ます。

今回の「適用範囲」とは、絞り込んだ結果の範囲ではなく、

オートフィルターを設定している表全体のことを指すのがポイントです。

次回#95は「絞り込まれているかどうかを判定する(Part1)」

VBAコードについて学習予定です。

最後まで読んで頂きありがとうございました!ではまた!

【Excel VBA学習 #93】オートフィルターが設定されているかどうかを判定する

まえきんです!

今回はオートフィルターが設定されているかどうかを判定する

方法について学習しましたのでご紹介します。

f:id:maekinblog:20210510204830p:plain

今回はオートフィルターの設定有無を判定し、

その旨メッセージボックスに表示するマクロを考えます。

判定するにはワークシート(WorkSheetオブジェクト)の

AutoFilterModeプロパティで判定することができます。

設定と判定された場合、上記プロパティはTrueを返します。

簡易的にマクロの実行ボタンを作成して、上記のコードを

実行すると下記のように結果が得られます。

【実行前】※予めオートフィルターが設定された状態にしています

f:id:maekinblog:20210510205058p:plain

【実行後】

f:id:maekinblog:20210510205117p:plain

オートフィルターの矢印が表示された状態でマクロを実行しているため、

オートフィルターが設定済みである旨のメッセージが確認できました!

次回#94は「オートフィルターの適用範囲を調べる」

VBAコードについて学習予定です。

最後まで読んで頂きありがとうございました!ではまた!

【Excel VBA学習 #92】すべてのオートフィルター矢印を非表示にする

まえきんです!

今回はすべてのオートフィルター矢印を非表示にする

方法について学習しましたのでご紹介します。

f:id:maekinblog:20210509205708p:plain

今回は表内の設定済のオートフィルター任意の文字で絞り込み、

全てのオートフィルターの矢印を非表示にするマクロを考えます。

簡易的にマクロの実行ボタンを作成して、上記のコードを

実行すると下記のように結果が得られます。

【実行前】

f:id:maekinblog:20210509205834p:plain

【実行後】

f:id:maekinblog:20210509205853p:plain

名前の列で「A」の文字で絞り込まれ、かつオートフィルターの

全ての矢印が非表示になっていることが確認できました!

マクロでオートフィルターを操作し、その結果をユーザーに

見せるだけのような場合に便利だそうです。

前回の#91でこの機能の使い道がいまいち分かっていないと

言いましたが、今回その答えが少し見えたかも!! 笑

次回#93は「オートフィルターが設定されているかどうかを判定する」

VBAコードについて学習予定です。

最後まで読んで頂きありがとうございました!ではまた!

【Excel VBA学習 #91】オートフィルターを設定してオートフィルター矢印を非表示にする

まえきんです!

今回はオートフィルターを設定してオートフィルター矢印を

非表示にする方法について学習しましたのでご紹介します。

f:id:maekinblog:20210508165319p:plain

今回は表内のオートフィルターを設定して絞り込み、

オートフィルターの矢印を非表示にするマクロを考えます。

オートフィルターを設定するAutoFilterメソッドを使用、

2列目を「A」の文字で絞り込む設定をするところまでは#90と同じです。

今回はさらにVisibleDropDownの引数にFalseを設定することで、

絞り込み後にオートフィルターの矢印が非表示になります。

簡易的にマクロの実行ボタンを作成して、上記のコードを

実行すると下記のように結果が得られます。

【実行前】

f:id:maekinblog:20210508165641p:plain

【実行後】

f:id:maekinblog:20210508165701p:plain

名前の列で「A」の文字で絞り込まれ、かつオートフィルターの

矢印が非表示になっていることが確認できました!

正直まだこの機能の使い道がいまいち分かっていないのですが、

その内、分かるようになりますかね 笑

次回#92は「すべてのオートフィルター矢印を非表示にする」

VBAコードについて学習予定です。

最後まで読んで頂きありがとうございました!ではまた!

【Excel VBA学習 #90】オートフィルターを設定して絞り込む

まえきんです!

今回はオートフィルターを設定して絞り込む

方法について学習しましたのでご紹介します。

f:id:maekinblog:20210505182017p:plain

今回は表内のオートフィルターを設定して絞り込むマクロを考えます。

オートフィルターを設定するAutoFilterメソッドを使用するところまでは

#87と同じです。ここからさらに2列目を「A」の文字で絞り込む設定を

加えてみます。

簡易的にマクロの実行ボタンを作成して、上記のコードを

実行すると下記のように結果が得られます。

【実行前】

f:id:maekinblog:20210505182211p:plain

【実行後】

f:id:maekinblog:20210505182234p:plain

Field:=2の部分で絞り込みを行う列番号を指定、

Criteria1:="A"の部分で絞り込みを行う文字を指定する感じです。

2列目の名前の欄で「A」の文字が絞り込まれて

表示されていることが確認できました!

次回#91は「オートフィルターを設定して

オートフィルター矢印を非表示にする」VBAコードについて学習予定です。

最後まで読んで頂きありがとうございました!ではまた!

【Excel VBA学習 #89】オートフィルターを解除する

まえきんです!

今回はオートフィルターを解除する

方法について学習しましたのでご紹介します。

f:id:maekinblog:20210504200113p:plain

今回は表内のオートフィルターを解除するマクロを考えます。

オートフィルターを解除する際もAutoFilterメソッドを使用します。

前回#88と同じく、オートフィルターを解除したい表内のセルであれば

どこでもOKです。今回もA1セルを指定しています。

簡易的にマクロの実行ボタンを作成して、上記のコードを

実行すると下記のように結果が得られます。

【実行前】

f:id:maekinblog:20210504200220p:plain

【実行後】

f:id:maekinblog:20210504200237p:plain

フィルターが解除されていることが確認出来ました!

フィルターの設定も解除も、VBAコードは同じコードになるため、

マクロ実行ボタンをクリックするごとに

設定→解除→設定→解除・・・のように切替が可能です。

次回#90は「オートフィルターを設定して絞り込む」

VBAコードについて学習予定です。

最後まで読んで頂きありがとうございました!ではまた!

【Excel VBA学習 #88】オートフィルターを設定する

まえきんです!

今回はオートフィルターを設定する

方法について学習しましたのでご紹介します。

 

f:id:maekinblog:20210503211654p:plain

今回は表内にオートフィルターを設定するマクロを考えます。

オートフィルターを設定する際はAutoFilterメソッドを使用します。

このときの対象は、オートフィルターを設定したい表内のセルであれば

どこでもOKです。今回はA1セルを指定しています。

簡易的にマクロの実行ボタンを作成して、上記のコードを

実行すると下記のように結果が得られます。

【実行前】

f:id:maekinblog:20210503211732p:plain

【実行後】

f:id:maekinblog:20210503211752p:plain

f:id:maekinblog:20210503211802p:plain

フィルターが設定されていることが確認出来ました!

オートフィルターを設定すると同時に表を絞り込むことも

出来るようです。

次回#89は「オートフィルターを解除する」VBAコードについて学習予定です。

最後まで読んで頂きありがとうございました!ではまた!