まえきんブログ

*日常・趣味・体験談・スキルアップ(Excel VBA ×ビジネス統計スペシャリスト)についての雑記ブログ*

【Excel VBA学習 #26】数式が参照しているセルを調べる

まえきんです!

今回は数式が参照しているセルを調べる

方法について学習しましたのでご紹介します。

f:id:maekinblog:20210125225327p:plain

あるセルが別のセルを参照しているとき、その参照先セルは

Precedentsプロパティで知ることができます。

例えばA1セルに「=SUM(B1:B3)」という数式が入力されているとき、

A1セルのPrecedentsプロパティは「Range("B1:B3")」を返します。

ただし、他のセルを参照していないセルに対してこのプロパティを

使うと「該当するセルがありません」というエラーになります。

どのセルも参照していない数式が入力されているとエラーを

回避することが出来ないため、On Error Resume Nextステートメント

使用してエラー回避の対策を行うとよいです。

今回はアクティブセルの数式が参照しているセルを調べて、

数式が参照しているセルを赤色で塗りつぶすマクロを作成していきます。

簡易的にマクロの実行ボタンを作成して、上記のコードを

実行すると下記のように結果が得られます。

【実行前】

f:id:maekinblog:20210125230418p:plain

【実行後】

f:id:maekinblog:20210125230439p:plain

アクティブセルであるA1が参照しているのはB1:D1なので、該当セルが

赤く塗りつぶされていることが分かります。

実践で使う日が来るのを楽しみにしています(^^)

最後まで読んで頂きありがとうございました!ではまた!

--------------------------------------------------------------------------------------------------

こちらのカテゴリ・過去の記事も

よろしければ是非よろしくお願いします(^^)

スキルアップ.Excel VBA(検証編) カテゴリーの記事一覧 - まえきんブログ (hatenablog.jp)

スキルアップ.Excel VBA(書籍編) カテゴリーの記事一覧 - まえきんブログ (hatenablog.jp)

--------------------------------------------------------------------------------------------------