まえきんブログ

*日常・趣味・体験談・スキルアップ(Excel VBA ×ビジネス統計スペシャリスト)についての雑記ブログ*

【Excel VBA学習 #58】特定のセルの右に列を挿入する

まえきんです!

今回は特定のセルの右に列を挿入する

方法について学習しましたのでご紹介します。

f:id:maekinblog:20210302210516p:plain

あらかじめ作成された表について、特定の位置に列を挿入してみます。

今回は「Excel VBA スキルアップ」と入力されているセルの右に新しい

列を挿入するマクロを考えます。

列の挿入自体はEntireColumn.Insertで実現できます。

後は指定の文字列を検索して見つかったタイミングで

列挿入の処理を実行することになります。

簡易的にマクロの実行ボタンを作成して、上記のコードを

実行すると下記のように結果が得られます。

【実行前】

f:id:maekinblog:20210302210623p:plain

【実行後】

f:id:maekinblog:20210302210715p:plain

前回の#57と違うのは、Offsetを使ってある起点から1列分

右に挿入位置を指定することで結果的に「Excel VBA スキルアップ」と

入力されているセルの右に新しい列が挿入されていることです。

要は使いようですね!(^^)

最後まで読んで頂きありがとうございました!ではまた!