まえきんブログ

*日常・趣味・体験談・スキルアップ(Excel VBA ×ビジネス統計スペシャリスト)についての雑記ブログ*

【Excel VBA学習 #63】非連続のセルが選択されているかどうかを調べる

まえきんです!

今回は非連続のセルが選択されているかどうかを調べる

方法について学習しましたのでご紹介します。

f:id:maekinblog:20210308232713p:plain

今回は連続していない複数のセルを選択しているかを調べるマクロを考えます。

Excelの操作において、[Ctrl]キーを押しながらセルをクリックまたは

ドラッグすると非連続の複数のセルが選択できます。

これはAreasコレクションで取得することができます。

このコレクションの数(Countプロパティ)を調べることで判定可能です。

簡易的にマクロの実行ボタンを作成して、上記のコードを

実行すると下記のように結果が得られます。

まずは選択されているセル範囲が1つの場合を見てみます。

【実行前(選択されているセル範囲が1つ)】

f:id:maekinblog:20210308233159p:plain

【実行後(選択されているセル範囲が1つ)】

f:id:maekinblog:20210308233240p:plain

次は選択されているセル範囲が複数の場合を見てみます。

【実行前(選択されているセル範囲が複数)】

f:id:maekinblog:20210308233338p:plain

【実行後(選択されているセル範囲が複数)】

f:id:maekinblog:20210308233402p:plain

上記のように予めA3:A8セル、C3:C8セルの2つのセル範囲が選択された状態で

マクロを実行すると、選択されているセル範囲のアドレスが取得され、その情報

がメッセージボックスに表示されていることが確認できました!

 

次回#64は「行単位のセル範囲を操作する」

VBAコードについて学習予定です。

最後まで読んで頂きありがとうございました!ではまた!