まえきんブログ

*日常・趣味・体験談・スキルアップ(Excel VBA ×ビジネス統計スペシャリスト)についての雑記ブログ*

【Excel VBA学習 #69】入力されていない文字列のフリガナを取得する

まえきんです!

今回は入力されていない文字列のフリガナを取得する

方法について学習しましたのでご紹介します。

f:id:maekinblog:20210315210440p:plain

今回はINPUTボックスに任意の名前を入力して、そのフリガナを

取得し、入力文字列とフリガナをセルに表示するマクロを考えます。

今回のように事前にセルに入力する前にフリガナを取得するには

ApplicationオブジェクトのGetPhoneticメソッドを使用します。

このメソッドはセルに関係なく、引数に指定した文字列のフリガナを返します。

簡易的にマクロの実行ボタンを作成して、上記のコードを

実行すると下記のように結果が得られます。

【実行前】

f:id:maekinblog:20210315210911p:plain

※マクロ実行ボタンを押下→INPUTボックスが表示→文字列を入力

【実行後】

f:id:maekinblog:20210315211018p:plain

入力文字列:A1セル

入力文字列のフリガナ:B1セル

それぞれ表示されていることが確認出来ました!

 

次回#70は「セルのフリガナ設定を変更する」

VBAコードについて学習予定です。

最後まで読んで頂きありがとうございました!ではまた!