まえきんブログ

*日常・趣味・体験談・スキルアップ(Excel VBA ×ビジネス統計スペシャリスト)についての雑記ブログ*

【Excel VBA学習 #73】ひらがなとカタカナを変換する

まえきんです!

今回はひらがなとカタカナを変換する

方法について学習しましたのでご紹介します。

f:id:maekinblog:20210407211512p:plain

今回はA列に入力されたひらがなの文字列をカタカナに変換して、

さらにそのカタカナをひらがなに変換するマクロを考えます。

ひらがなとカタカナを変換するにはStrConv関数を使います。

この関数の第1引数には変換前の文字列を指定し、第2引数には

下記の通り、何に変換するかを表す定数を指定します。

vbKatakana:カタカナに変換する

vbHiragana:ひらがなに変換する

簡易的にマクロの実行ボタンを作成して、上記のコードを

実行すると下記のように結果が得られます。

【実行前】

f:id:maekinblog:20210407211904p:plain

【実行後】

f:id:maekinblog:20210407211921p:plain

A列の文字列についてカタカナに変換した文字列がB列に、

そしてB列の文字列についてひらがなに変換した文字列がC列に

出力されていることが確認できました!

実はこのStrConv関数、Excel VBA Expert Standard試験では頻出の関数です。

最近まで再三勉強してきた関数なので思い入れがあります 笑

実際の試験では関数名の穴埋めか、問題文の指示に合う第2引数の穴埋め

形式で頻出しています。私自身、認定に至るまでに2回受験しましたが、

いずれの試験にもこの関数は出題されていました。こっそり共有します(^^)

次回#74は「半角と全角を変換する」VBAコードについて学習予定です。

これもExcel VBA Expert Standard試験では頻出です。

最後まで読んで頂きありがとうございました!ではまた!